2つの要素から成っている車検の費用

多くのお金を必要とする車検。
その費用は、自動車ユーザーには少なからず負担になっているのではないでしょうか。
車検の費用は一体どんなところにどれだけかかっているのかを知っておくことで、今後の車検の際にその知識を生かせるかもしれません。

車検の費用は、『法定費用』と『点検整備料金』のふたつの要素から成り立っています。
法定費用は文字通り法律で決められている、車検に不可欠な費用のことですから、どこで行っても同じだけかかります。
この法定費用に限って言えば安くする方法なないのです。
車検の法定費用は重量税、自賠責保険料、印紙代からなっています。
重量税は車の大きさ(重さ)によってかかる費用がかわってきます。
軽自動車の場合は一律7,600円と最も安い設定になっており、乗用車は0.5トン刻みで1万円ずつ上がっていくという仕組みになっています。

次世代車と呼ばれる環境性能が優れた自動車に関しては、最初の車検に限りこの重量税が減税されるという処置がなされます。
具体的には軽自動車が5,000円となり、普通自動車は次世代車以外の自動車の料金の半分です。
自賠責保険料に関してですが、20,000〜25,000程度の費用がかかります。
この自賠責保険料は本島か離島か、そして24ヵ月か25ヵ月かによっても変わってきます。
そして印紙代もそうです。

これも自動車によって異なり、1,100〜1,800円かかります。
ここまでが法定費用になります。
これに点検料金や代行手数料などがかかり、高い場合には100,000円程度かかってしまうのが車検なのです。
軽自動車であれば、50,000円程度で済むこともありますし、車両の状態によって大分上下すると考えておきましょう。